行政・関連団体

規約

組織

沿革

日本バイオプラスチック協会について

日本バイオプラスチック協会について

当協会は、循環型社会の実現に重要な役割を果たす新素材であるバイオプラスチック(生分解性プラスチックとバイオマスプラスチックの総称)の普及促進と試験・評価制度の確立を目的に、1989年に設立された民間団体です。

設立以来、関係省庁や関連団体との協力の下に、様々な活動を行ってきました。主な活動としては、識別表示制度の運営、国際規格ISOへの対応、JIS原案の作成、バイオプラジャーナル誌の発行、展示会への出展、会員への海外情報の提供、行政への提言・協力、などが挙げられます。

当協会はバイオプラスチックの普及啓発活動を通じて、持続可能な循環型社会形成づくりのために寄与して参ります。

沿革

  • 1989年  
    「生分解性プラスチック研究会」として発足
  • 2000年  
    グリーンプラ識別表示制度の運用開始
  • 2006年  
    バイオマスプラ識別表示制度の運用開始
  • 2007年  
    「日本バイオプラスチック協会」に名称を変更

組織

組織図

2020年度体制

  • 会長    
    姥貝卓美   三菱ケミカル㈱ 特別顧問
  • 副会長   
    梅谷博之   帝人㈱ 帝人グループ常務執行役員
  •       
    大田康雄   東洋紡㈱ 常務執行役員
  •       
    武岡慶樹   ㈱カネカ 常務執行役員
  • 監査役   
    西澤尚浩  大日本印刷㈱ 執行役員
  • 事務局長  
    横尾真介   三菱ケミカル㈱

規約

日本バイオプラスチック協会 規約 

 5ページ

行政・関連団体